· 

【社員紹介】働くママ社員のご紹介

 

 

こんにちは!

人事課の徳尾野です。

 

今回の社員紹介は

マーケティング部の横田さんをご紹介します★

 

 

今回は3児の母である横田さんにインタビューさせて頂きました。

 

現在の働き方や、両立のために工夫している点

3度の職場復帰時の苦労話など…ご紹介いたします!

 

◆横田さん プロフィール◆

 

2008年にヒューマンリソシア(グループ会社)中途入社。

人材紹介営業部で募集推進担当として

パートナーサイト経由での求職者獲得をミッションに募集促進を行う。

 

2012年ヒューマンタッチ設立とともにグループ内異動し

引き継き、同ポジションにて募集促進に関わる。

 

 

Q.よろしくお願いします。

今回は「働くママ社員」をテーマにお話しを伺わせてください!

 

横田さんはいま3人のお子さんがいらっしゃいますが

それぞれ育休はどのくらいの期間取得されましたか??

 

 

宜しくお願いします!飾らずにありのままをお伝えしますね!笑

 

こどもは、9才・5才・3才の3姉妹で

1人目は約1.5年、2人目は1年、3人目は2年取得しました。

 

毎度復帰時には、会社に色々サポートしてもらい

3度の職場復帰を経験しましたが

3人目の育休明けが一番しんどかったかな~と記憶しています。

 

 

Q.「しんどかった」と感じられた理由はどうしてですか?

 

2年お休みしていたので、職場のシステムが変わっているとか物理的変化の適応と

仕事の感覚や生活リズムを取り戻すのに半年くらいかかったかな~

 

もう復帰して2年経つので今は問題なくなったけど

そういったソフト面におけるストレスは結構大きかったです!

 

 

Q.とは言いつつ、育児と家庭の両立をこなされていて尊敬です!

 両立にあたり、工夫されている点などはありますか?

 

 

実は、3人目の出産前に主人が単身赴任することになり

月1回くらいしか帰ってこれない環境になったので

その時点で楽ではない生活でした。笑

 

そういう状況もあり、復帰してしばらく経ったタイミングで

在宅勤務に切り替えられないか上司に相談し

働き方を変えて両立できるよう動いたりはしましたね!

 

当時は、まだ在宅勤務をしている社員が多くなかったので

色々調整は必要だったけど、上司や周りの協力もあり

いまは週4在宅・週1出社のスタイルで働けています。

 

3人の子供がいると、三者三様でハプニングが発生するので

在宅で働かせてもらっていることは、すごく助かっています!

 

 

Q.横田さんの1日のスケジュールを教えてください

 

ざっと下記のような感じかな!

朝は早いけど、その分夜は家族の中でだれよりも早く寝てます。笑

 

 

5時 起床

   ひとりの時間が欲しいので、早起きしてコーヒー飲みながら

   ぼーっとする時間を朝作っています!

 

6時 家事スタート、順番に子どもたちが起床し、朝ごはんを作る。

   パン派・ごはん派・フルーツ派、色々リクエストがあり大変です。笑

 

8時 小学校に行く長女を見送り、二女三女を保育園に送りに行く

 

9時~16時 仕事

 

16時 長女帰宅

    下の子をお迎えにいくまで宿題を見てあげたり

    長女と2人で過ごす、大切な時間です!

 

18時 保育園にお迎え

 

19時半 晩御飯

 

21時半 就寝

     3人の娘たちと一緒に寝室にいき、誰よりも早く寝てます。笑

     

 

Q.ご自身の時間も確保することも大切ですよね!

 そんな横田さんは、ご自身の今後のキャリアについては、どのように考えられてますか?

 

引き続き、今のポジションで会社に貢献していきたいと思っていることと

 

ヒューマンタッチの中では、私は働く女性社員の第一世代なので

後に続く、結婚・出産を控えた女性社員に対して、両立して働けることを体現し

 

女性社員のキャリアの道筋をつくっていきたいと思ってます!

 

 

Q.最後に働くママとして、同じ境遇の方にメッセージをお願いします!

 

そんな偉そうなことは言えませんが…

 

辛いことやしんどいことは溜め込みすぎず、ともに頑張りましょう!

 

 

―――――――――――――――――――――――――――

 

ヒューマンタッチでは、産育休復帰率が100%で

東京本社・大阪支社にて、家庭と両立しながら活躍されている

女性社員が在籍しています!

 

 

横田さんは、ヒューマンタッチ設立前から

長年、募集促進に携わり、会社を支えてくれているメンバーの一人です。

 

インタビュー内にもあったように

先んじて在宅勤務を取り入れた働き方を始めたりと

働く女性社員像としても会社に良い影響を与えてくれています!

 

横田さん、ご協力ありがとうございました(^^♪